ホーム 半導体サプライヤー 電子部品サプライヤー


サプライヤー情報

トップページへ戻る

超高速通信用16Gbps伝送技術開発成功に関するお知らせ

−8K映像機器内通信では世界初(注)、光伝送まで広範な超高速通信ソリューションを可能に−


THine Logo

Tokyo - January 26, 2016

 当社は、高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業ですが、超高速通信用16Gbps (1秒当たり160億ビット)伝送技術の開発に成功しましたので、お知らせします。8K映像機器内通信向け技術としては世界初であり、 今後、8K映像から光伝送を始めとする機器内において超高速通信を活用した革新的なソリューション提案を可能とする技術を確立 いたしました。

 今回当社が開発した高速伝送技術は、16Gbps超高速通信を機器内で実現する技術であり、複数の超高速伝送規格に対応できます。 当社V-by-One®シリーズの超高速通信方式に対応するほか、Fibre Channel 16GFC、PCI Express 4.0 (Gen4)、USB3.1、 などマルチ・スタンダードへの対応が可能です。16Gbps超高速通信技術を核として当社は8K映像などの高解像度の画像伝送、 データーセンター間通信、サーバー基板間通信、PC関連通信などを含めて、光伝送に至るまでの広範な超高速通信における ソリューション提案が可能となります。

 また、今回確立した16Gbps超高速通信は車載画像機器に求められる温度条件など品質条件にも対応するものです。民生機器、 産業機器、車載機器などに向けて、次世代付加価値ソリューションを提案していくとともに、32Gbps以上のさらなる超高速通信 技術の確立に取り組む方針です。

 今回の16Gbps超高速通信技術開発の成功に当たり、当社代表取締役社長野上一孝は次のようにコメントしています。 「機器内通信用途を念頭に16Gbps超高速通信技術を確立したことによって、当社の革新的なソリューション提案が可能 となるだけでなく、当社のユーザー市場における、価格対性能比、低消費電力、ポート密度、低ケーブル本数、軽量化 などの多様な付加価値創造の実現が期待されます。当社は、開発に成功した16Gbps超高速通信技術を今後、具体的な製品化に応用し、 2017年上期を目途に新製品をサンプル出荷すること企画しています。」

して、車載システムの高解像度化、高速化、ケーブル本数削減、コスト・パフォーマンス向上などの高付加価値化に貢献していく方針です。

 

(注) 発表日現在、当社調べによる。

 

※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。

 

ご注意:本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。



ザインエレクトロニクス株式会社の製品は日本国内ではシリコンテクノロジー株式会社が取り扱っております。
詳細はサプライヤー紹介ページをご参照下さい。